コンテントヘッダー

12/11 24記

東京記も書かないといけないがここはひとまずテスで将棋24記
を書いてみよう

先日昇級したばかりなんでレーティング戦にかなりビクビクなんですが 指さないと目標の上級(1~5級)にはいけないんで勇気をふりしぼり24接続しました

いっつも相手は選びません
誰かが挑戦してくるのをひたすら待ちます
今回は9級の方でした。やっぱり点数が少ない方からの挑戦が多いですね 負けてもともと勝ったらラッキー
勝負の世界の常です
ナニがテスなのかというと局面をアップできないか?ということなんです。

将棋は私の四間飛車対腰掛け銀っぽい謎戦法(笑)

一枚目 77角成の局面 私の銀得、玉の堅さも私
次に68馬、同金、65飛だと 得が吹っ飛んでしまうんで
銀を守りたいんですけど 私の指したのは変な手の64歩
56角とかも写ったんですが目標にされたらいやらしもったいないなと思いました
でも69に底歩を打つ展開にしたいってのもあったり
どうなんでしょう?エロイ人
ナニはともあれ敵飛車さえ押さえ込めば自然とよくなると思った

二枚目 47桂成に56角と指しましたやはり69歩と打てたらとは思いながら指してましたけど現実には相手は駒不足だし
38成桂、同金の形が詰みにくいのと34角と飛び出る手、89の飛車取りとキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
とりあえずこの角に期待です

三枚目 44桂から即詰みに討ち取りました
44桂、42玉、52金、同飛、同桂成、44桂、62玉、52飛、71玉、
72飛成、同玉、73銀、81玉、82金までです

でもレーティングが5点しか上がらなかった・・・orz
62770620_84s[1].jpg

62770620_107s[1].jpg

62770620_150s[1].jpg

スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

12/09 東京らしき記1

キーボードを強く叩いても字が大きくならんとですよ!
ヒロシです・・・

夏のマニアのお休みを貯金しておいたのでなんとかそれを口実に休みを取ることに成功しました
午前10時ごろから新幹線(自由席)にのって出発
京都駅からは座れないとすばやく判断
デッキに陣取りGBAのモンスターゲート(トルネコみたいなゲーム)をして時間を潰しながら名古屋着
そこで席が空いたので座る
30分ほどで微気分悪くなる
やはり病み上がりで車内でGBAってのはこたえる

しばらく景色を眺める

東京着、とりあえず神保町へいく予定
神田へはいろいろな電車でいけるようだ
青色のなんとか線にて列車を待つ
快速はどうも停まらないようなので普通列車を待つ

こない・・・
次も快速・・・
快速・・・・

おかしい、昼なのにこんなに普通が来ないとは何事だ!!!
よくみたら昼間は快速のみなんだと・・・
途中の駅を利用するやつはとなりのホームの山手線をつかえ
と書いてあるのを20分後に発見
神田駅着

「神田を降りたら本屋に自然につけるだろう!」
「神田はほとんどが本屋の町だ」
その感覚はどうやらまちがっていたらしい
歩けど歩けど本屋ないんですけど?
なんで本屋ないんだよ!とYKKセンセイばりの独り言を心の中で発しながら歩く
見たくもない「気象庁」「皇居」を観光して神保町にたどり着くかれこれ1時間 ちょっとした ウォーキング

目指すは将棋囲碁の古書専門店「アカシヤ書店」
場所はしっていたのですんなり
その向かいにタイムスリップしたというか時代に取り残されたかというか ありえないオーラを噴出するゲーセン発見
「ミッキー」 
通天閣???あのミッキーもすごいゲーセンだけどな。こっちのもすごかった

とりあえず
段差ありすぎ
店の全体把握できなさすぎ
狭すぎ

ハイパ^-を探したけどなかったので即撤収
アカシヤ書店へ
前からほしかった
「急戦!振り飛車破り4 徹底4五歩早仕掛け」
「プロの中飛車破り」
「プロの三間飛車破り」
を購入とくに中飛車破りは38飛戦法が載っている本なんでほしかったです。今は中飛車といえばゴキゲンだし今は絶滅してるくらい見ない戦法ですしね
あと「オレたち将棋ん族」もほしかったけどガマンガマン
「駒のささやき」はなかったね。貴重な本なのだろうか?

つづきます


このページのトップへ
コンテントヘッダー

12/07 おすすめの本

流れからして東京記を書くとこなんですがそういうときに限って他のネタをおもいつくろりーんです どうぞよろしく

今日はオススメの本を紹介したいとおもいます。題名は
「ぽんたのじどうはんばいき」

ひさかたチャイルドから出ています

思いっきり絵本なんです。それなりに絵本は読んだり読んでもらったりしたとは思うのですがこの本だけはバツグンに印象に残っています
これを手にしたきっかけはというと、幼稚園で月一で絵本をくれる内の一冊でした 帰りのバスの中何回も読み返しました 

内容は

たぬきのぽんたは”じどうはんばいき”をみて
じぶんでつくることにしました
「うえのくちからはっぱをいれてほしいものをいってください

ぽんたははっぱをいろいろなものにかえてくびかざりやおうかんをつくっていきます
しばらくするとかわいいリボンをつけたたぬきのおんなのこがやってきます
そのこのねがいにぽんたはこまってしまいます
さてぽんたはどうするんでしょうか?

って感じです
最近思い出してどうしてもほしくなって注文してしまったw
こども時代に戻れるいい絵本です

このページのトップへ
このページのトップへ