コンテントヘッダー

団体戦出てみました1

先日の記事にも書いたんですが団体戦に出てみました。
最大級の難関は朝起きられるかどうかww
緊張してるのか6時半に目が覚めて二度寝すると起きられないと思って3手詰ハンドブック解いて棋譜並べて頭を将棋モードにする。
参加が決まってそれなりに準備してきたからね。
ぼちぼち頭が起きてきた。
地下鉄乗って会場へ。
近くにパン屋さんがあるのは知っているんでそこでパン一つ食べる。
朝食ってすすめる人とすすめない人いますよね。どうなんでしょ?
会場に到着したはいいけど開場を30分早く間違えて入り口で待たされるハメに・・・
するとチームメイトN君がきた。彼も緊張してたのか早く来たみたい。いい感じ。

開場。
しばらくするとO君来た。相変わらず冷静っぽいw
K、Mもやっと登場。あと補欠の会長だけど開会挨拶&ルール説明のときに到着。
全員そろってあとは一生懸命指すだけ。

予選は4チームの総当たり。25分切れ負け。
対戦相手確認。過去の全国覇者いたしwww しかも私が当たりやしww
しかも先生が現役バリバリのころやっと勝ったとかいう人やしwww
さすがにこれは指導対局だなと覚悟。
でもほか2チームは勝負にはなりそうなメンツ。
最初のチームは某機関Bチーム。
私の相手はいっつもよくしゃべるなあって思ってた人w

とりあえず二歩しないように。
ゴキゲン。石田流。四間。をメタってきたけどどうなるかな。

対局開始。
お願いします。
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

寄せの手筋200

こつこつとは進んでたんですがやっと終了しました。
感想は「ネ申」です。
テーマ別「上から押さえる」や「挟撃の寄せ」とかがヒントになるので
最初は正解できるんですが後半は目から鱗です。
あっという間に寄りになります。
その形になる前にいろいろな駒を捨てる手はでてくるんですが
「その渡す駒Z」に自陣をしておけばいいってことですね。
終盤弱弱の私がいうのもなんですが
「長手数で詰ませる技術」より「寄り形を素早く築ける技術」を勉強したほうが近道だと思ってます。
暗記するくらいに繰り返しても損のない内容です。
むしろ得です。

おすすめ度:10
寄せの手筋200 (最強将棋レクチャーブックス)寄せの手筋200 (最強将棋レクチャーブックス)
(2010/04)
金子 タカシ

商品詳細を見る
このページのトップへ
コンテントヘッダー

24記

大会ってことで今日指したら3手トン死&ヘナチョコ戦法に力負け、やっと4戦目で白目が出たものの・・・
なんだろなー

先日教室の人と指してた感じは大丈夫だったんだけどなぁ
仕方がないので勝敗は忘れるようにしますわ。
このページのトップへ
このページのトップへ