コンテントヘッダー

なんとか文化検定

というものを受けてきました。名人戦400年記念ということです。
裏側からよめば検定ビジネス、連盟のお金稼ぎです。

面白そうなので受けました。将棋世界の付録に例題が載っていたのですが2級はちょっと難しそう
正確に言うと勉強が必要そうなレベルだったので今の知識でもなんとかなりそうな4級にしました。
私の受験会場は大阪商業大学。会場には2級と4級が百人ほどでしたね。予想より少なかったかな
知ってる顔がちらほら。地元の普及指導員さんでした。

スタッフの札を首から提げてたけど明らかに奨励会員。休日出勤大変だねえ。
筆記用具は消しゴム付き鉛筆を1ダースもってきたから大丈夫!
で開始なんだが予想より難しい。
付録では「名人を一番多く獲得したのは誰ですか?」で大山中原羽生の三択だったんだけど
何期ですか?という少しレベルの高い問題がでてきたり森内郷田の名人戦の森内の大ポカ98銀の局面がでてきて誰が指しましたか?とか例題より薄皮一枚多い問題が大半だと感じました。
一億と3手とかそんなのほほんレベルはあんまりなかったなあ。
観る将棋ファンを対象にしてる試験なのかなと思いました。と思いきや
「対局時計を押すのはどれが正しいですか?」
指した手で 指す前に 指した反対の手で
みたいなのも出てきてこれはアマプレイヤーじゃないとわからない問題だし
やっぱり出題の焦点は定まってない感じか??

まとめ:将棋雑学検定でした

その後はなんばをぶらぶら。
あびおんに誰もいなくてスト4に特攻してみたらあきらかに接待プレイで貶められたり
タイトーステーションで天下一してみたらアミュよしもとの天鬼神王とあたったり
見かけたたこ焼きを衝動で食べて微妙だったり
551のアイスキャンデーがカンカンに硬かったり
ヒルズに誰もいなくて一人用してたら異様にCPU強くて普通に負けたり
地下の天下一を後ろのいすで見てて「えー」といってしまって独り言か・・・老いたなと思ったり
向かいの金龍ラーメンを食べてやっぱり微妙だと改めて確信したり

書いてみたけどゲーセンいって食べてただけですなw
しかしまああの界隈はおいしそうな敷居の低い店が沢山ありますな。
胃袋のすぺあを3つほど持っていかないといけませんな。
スポンサーサイト
このページのトップへ
このページのトップへ