コンテントヘッダー

あの頃に戻れる場所(だらだらおっさんのつぶやき)

われらが将棋の先生N先生が昇段されたのでごく一部で祝賀会に参加してきました。
串やさんで飲んだり食べたり。
教室にきてた頃は小学生だった子が中学、高校、大学になってます。
将棋が好きだから頭がいいのか頭がいいから将棋に興味があるのか。
たまごかにわとりかどちらが先なんでしょうか、けっこうな学校に通ってたりしてますね。
将棋の方もなんだかんだで続けていてみんな強くなってる感じです。
二面三面ほど盤を用意してたんですがすぐに埋まってしまいましたw
うらやましいですね。別の道を歩んでいても盤をはさめばあの頃に一瞬にして戻れるというのがね。

私自身は趣味(主にゲームだけどw)をいろいろさまよって最後はずっと続けられる趣味として将棋にしようと決めたつもりですがこれで間違いないと思ってます。
20年後だって新しい定跡、戦法はあるでしょうが同じルールでしょうから。

ちょっとそれますが将棋を離れてもまた戻ってくるのは段まで到達した子かなと思いますね。
それ以下は離れたら離れっぱなしな子が多いんではないでしょうか。

最後は子供たちと先生で記念撮影をしましたがええ写真がとれました。
こういうのは指導者冥利につきるんでしょうなあ。
いろいろ書きましたけど何がいいたいかというと

将棋っていいですなあ
ということです。チャンチャン
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

指導対局、安用寺六段編4

ここらへんが本局のクライマックスw
前回の図から83角!
1405251.jpg
当然ですよね~。虎の子の龍が(ちょっと違和感ある表現ですがw)死んじゃいました(涙
森下流自戦記だと「愕然とした」ってやつです。
しかしまだ下手優勢だと気をとりなおして▲93香とつないで△92角に▲同香成△73銀とかわして▲93成香で下図。

1405252.jpg
ずいぶんと景色が変わってしまいましたがまだ下手がんばれる局面だと思います。

さてさて、上の方の図。私は▲93香と指したと書きましたが先生と横のおっさん(失礼)の会話。
先「あれ?どうされました」
お「いや~将棋は疲れましたわ」
先「休憩ですね」
お「見てるほうが楽しいですわ。はっはっは」
で▲93香△92角▲同成香
お「先生、あぶなかったですね~」
先「そうですね▲○○○と指されてたら参ってましたね~」
お「人の将棋はよく手が見えるんですわ~」
さてここで問題、▲○○○はなんでしょう?指せてたらこれ以上ない快勝譜だったんですね~

でも疲れてたんならだまって見てたらいいと思うんですけどね~。
横から口出すのはよくないと思うんですよね~。
ほんと気分わるかったんですけど。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

指導対局、安用寺六段編3

安用寺六段といえばおしゃべり指導対局。
対局中に「いい手ですねえ」「ここはいい手がありますよ」「こんなんどうですかね」などなど
ガチンコの指導対局もいいんですが「やってもうた!」的な悪手は下手の常なので待ったとかヒントとかアリだと思います。
プロの先生に指導してもらう機会ってそんなに沢山ありませんからね。
まぎれ~上手優勢になってからもくもくとがんばっても経験上では下手絶対勝てませんから(笑)
さてさて・・・っと
1405201.jpg
前回の局面から▲14香△45歩▲13香成△44角▲21龍、圧倒的ではないか、我が軍は!
桂をとってスースーの一段目に龍を進入させました。
1405202.jpg
△85桂▲91龍△77桂成▲同桂△82銀。
上手は経験では飛車いじめかここしか攻めるとこないんです。(77銀~66の地点)
無視して91の香をゲッツ。仕方ない77桂成。82銀とがんばります。
1~4筋に逃げるのはせっかく懐までもぐれたのにと思い▲92龍。
(今見たらそれでも上手に手段はないと思えますw)
△81角には▲94龍として全駒モードで指せるな。という読みでした。
そんな時代もありました。


このページのトップへ
このページのトップへ