コンテントヘッダー

私の続いていることを乱文で語る

才能ないのは大分昔からわかっているんですがw

「続ける」

これって相当難しい。
将棋するっていっても漠然と続けるのはなかなか一般人には大変です。
計画たてたりしてもまあ続きません。
夏休みの計画とか絶対できなかったタイプ。
天気をコツコツつける。夏休みの宿題を少しづつこなす。全くムリでした。
テスト勉強全くしたことない。提出物は期限内に出したことほとんどない。
あといろいろありますがどれくらいだらしないかイメージしていただいたと思います・・・

しかし!
今回は私が3年近く続いている奇跡の方法をバラしてしまいます。
(自分で編み出しました)

リンクとか貼って別のとこいかせたりとか有料とかじゃ絶対ないのでご安心をww

目標は「小さな規模の大会でいいから優勝する」です。
将棋って才能とか頭脳の差とかいろいろいわれたりしますが私の現在の結論は
「やりこみゲーである」です。
つまり基本は「打ち込んだ時間=強さ」だと考えてます。
それには「続ける」が必須なんですね。

計画たてるとダメです。なので逆っぽくします。

「やった分を書き込む」です。
31行以上あるノートに日付を書き、一日を一行にします。
私の場合なら棋譜並べを算用数字で、実戦を指したなら漢数字で数字を書きます。
で月末に集計します。どれだけやったか一目瞭然。
何もしてなければ書き込むこともできないし。
サボったかどうかもわかる、コンスタントにしてなければ必ず書き込みが偏り余白が目立ちます。
忙しくて何もできなかったなんて日もあります。その日は何をしていたかを書き込みます。
「○○さんと飲み会」「残業」「買い物」「部屋片付け」など、必ず正当なものでなくても「言い訳」を書くんですねw

これだけです。
これでずっと続けていけてます。肝心の棋力は・・・・才能ないのでなんともw
あとは余白がたっぷりあると思いますんで自分流にアレンジしたらいいと思います。
たとえば充実して何かこなせた日であればシールを貼るなど

3年だとこれが30枚くらい貯まるんです。また「がんばろ」という気にさせてくれます。
形になる人ってごく少数ですので(優勝の記録など)
そういうのがなくても常日頃を形に、目に見えるようにするんです。


ダラダラ乱文でしたね。
ちなみに初めて一ヶ月が終わったときの感想は
「オレってコツコツやってたようだがこんだけしかやってなかったんだ・・・・・」
です。
ノート一冊これで自己管理は完ペキ!
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ