コンテントヘッダー

団体戦でてみました3

奇跡の勝利の後の2戦目。全国レベルの超強豪Nさん。
これくらいビッグネームと盤をはさめるなら参加費も払い甲斐あるってもんです。
まあ指導対局になること300%必至なんですがw
「時計はどちらに置きます?後手が選べるんですよ」
なんてプチ大会知識を教えていただきました。超強豪にもかかわらず強さにおごることなくすげー紳士です。
強くなってもこんな人になりたいななんて思いました。
1010091.jpg
後手だったのでネット将棋と同じくゴキゲン中飛車を採用。あまりみない形なんですが37桂を急いで53銀を拒否する形
美濃囲いを急いだ結果こうなったので私の工夫が足りなかったのかこれも一局なのか私の力ではわからんです。
45歩、同歩、同桂と軽い仕掛けでこられました。角引いてすぐ召し取れるのかななんて思ってましたがそんなんさせてくれるはずないですね。24歩~22歩です。22歩を同飛は53桂不成です。以下と金ができます。
1010092.jpg
84桂はいやな感じなんで76桂を受けてくれるのかなと思っていたんですがあっさり跳ばせて77角~68金寄ですっきりさせて私のターン終わり。
相手のと金が桂香をとるだけではなく11、12、13、23、24、34、43 とと金動かすだけ対逃げるだけゲーになってしまいました。以下中押し負け。
(12とに同飛は53桂)仕掛けからと金を活用させる大局観を目の前で見れて感動してました。
負けても全然悔しくなかったw

補欠の会長も「途中で泣かへんかっただけえらい!」なんてわけのわからんほめかたされました。w

終局後は丁寧に感想戦という名の指導をしてもらい疑問も解消。
ほかのメンバーもすっきり負けたらしく、大会後の感想はこのチームがダントツで強かったって一致しました。
どうやら5人そろって指導だったみたいですw

これで1-1。さあ、次の決戦いきますか
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ