コンテントヘッダー

24記

3局指しました。全部後手、しかも全部角を持ち合う将棋でした。
自身の勝率がかなり低い展開なのでガックリでしたが少し自信を持てました。
改めて本で丸山ワクチンを復習したいと思っています。

1局目は筋違い角。56角で83角成と34角と歩をかすめとる手を狙っている手です。
当然83を守って72銀。以下組み合って67にいる角の頭を狙う展開ができて快勝!

2局目は定跡知らない人と。これは改めて。

3局目は玉頭位取り。2筋逆襲に備えて26歩型だったんですが33桂、25歩で飛車をぶつけて歩を謝らせたところに角をうちこむ(よく本で書いてある筋です)で強行突破。快勝!・・・のはずが寄せの判断をいつものごとくまちがっったんだけどなんとか残ってました。

2局目から取材。
1101131.jpg
5筋を交換したところ。を66角と打たれました。51には引けなくなるんですが52飛でなんともない。53歩と叩かれましたが4筋にかわしてこの歩を取りきれば生角打たせ+歩得でよくなるはず。
1101132.jpg
だったんですがうまく取りきれなくてこの図。56銀をひかれて43飛からむりやりとりにいこうかどうしようかとおもっていたところに54銀の突進!
32角でありがたや銀得確定。潔く一瞬で投げてくれました。

レーティングあがったというより段タブ維持の貯金を3つゲッツという心境。

段っていっても定跡を知らないどころか筋がかなりあやしい人も少数はいるんだなあと改めて実感。
段未経験で級でがんばっていたころは夢の世界だったんだけどなってみると自分の負け棋譜を見て
「初段ってよええええ!」こんなもんなんだね。
今年の目標の三段も達成できても「三段ってよええええええ」ってなるのかな?
「ちょっとましになってきたなオレの将棋」になるのかな?

明日からもガンガルゾー
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ