コンテントヘッダー

矢倉 脇システム

読み終わりました。盤に並べているんでペースが遅いんですよ。
ってかかなり昔の本です。
コツコツ読破していかないといけませんね。そして実戦で試してみないとね。
単純に時間が足りなそうですが。
昔からあった角対抗型ってやつですね。
私の場合、矢倉は先手で採用するんですが(最高二段なので定跡を知る範囲なんてそんなもんですが)
角を持ち合う展開ってけっこうあります。
そのときにこの本に書いてある攻め筋を覚えておけばそれなりに手が見えるってことです。
ただ、あんまり先手の利を生かした戦型とは思いませんけど。

体験上は
とりあえず41角打って35歩から棒銀。
この筋を覚えただけでけっこう勝てます。

オススメ度:7
研究にハメて勝ちたい人、手っ取り早く得意な形を持ちたい人にオススメ。
単純明快矢倉・脇システム
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ