コンテントヘッダー

初段になるための将棋勉強法

楽しみにしていた本がついに発売となりました。
早速買ってその日に八割ほど読み終えました。
この本の「はじめに」と同じことをずっと思ってました。(もちろん質問の側)
ネタバレかどうかはわかりませんが

できることを繰り返す。 

ってのがこの本の結論です。
次の一手、道場、指導対局、倶楽部24などで初段を獲得した私も納得の内容でした。
結局近道はないんですね。
森信雄先生との対談、菅井四段へのインタビューが最大の目玉かな。

追記
で詰将棋。むずかしい(っていっても7手とかだけど)のを解くのは私も大嫌いなんです。
ちなみに三手詰めの本をプロの先生に解いていただいたことがあります。
マジで早いです。見た瞬間解けてます。

まとめ:将棋と一体化するまで簡単なできることを繰り返す。
初段になるための将棋勉強法初段になるための将棋勉強法
(2011/01/25)
浦野 真彦

商品詳細を見る
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ