コンテントヘッダー

小学生名人戦

とりあえず弱いころから見ている子供が出ているので見に行ってきました。
着いたのは午後の対局の直前くらい。
私が思う優勝候補は残っていました。知っているメンバーでの番狂わせはなかった。
決勝は私の思うRとKの優勝候補同士の一戦。
結果はド本命が時間切れ負け。(優勝者は残り3秒)
将棋の内容は完全に勝ちだったのに。なんともいえない後味。
だけど彼は来年もあるので結果は出るだろう。
このまま一年立てば競争相手は存在しないと思っている。

後の飲み会でも意見が出ていたけど。
「小学生の将棋大会を開きます。みなさんきてください」
なわけですよね。で開催します。弱くても将棋を指しにくる子とその親がくるわけです。
で予選リーグ2敗で終わり。
「あなたは負けたので帰ってください」なんですよ。負けたので優勝はできないのはわかった。
でも
「将棋が好きな子供とその日一日時間を確保した親」
がいるわけですよね。まっすぐ帰していいの?と思います。
その子が「来年も参加したい」と思うのでしょうか?
これが仮に商売であったならこれをすんなり帰すわけはありません。
商売の普及も「人が沢山来てほしい」は共通です。

自由対局コーナーを設けるとかいろいろあると思います。
賞品なんてショボくてもいいんです。なくてもいいくらいです。
いっぱい指させてあげてほしいんです。指しに来てるんだから。
で「沢山指しましたね」で鉛筆一本、消しゴム一個で十分だと思います。

とにかくもったいない。
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ