コンテントヘッダー

南の右玉を読みました。

ショップとリンクの第一弾です(超笑
目次だけではなくちゃんと並べ終わりましたのでそれなりに参考になると思います。よろしくお願いします。
「~の~」シリーズですね。南先生といえば「矢倉」「地蔵流」なんてキーワードで王道というイメージなんですが近年は最新研究についていくのはつらいのかこのような変わった戦法を採用しておられます。
他の意見を見てみたら「総譜がない」「題名は右玉だが少ない」という感じです。その通りです。
題名は難しいとこですが「南の後手番総合戦法」ですか?w
ざっくり読んでみますとこの戦法は「後手であと出し戦法」です。
角道を止めて右の端歩をついて様子を見て主に右玉、振り飛車、袖飛車と変化します。
そんな将棋の南先生の中盤までの自戦記(戦法の紹介)ですね。
よってほとんど「これにて必勝」ではなく難しい形成(アマでは形勢不明でしょう)で終わっています。

私自身はアマ有段の「指す将」です。経験から
①角道を止めると飛車先を25歩と決めてくることは多いです
(プロと違い相手の得意戦法とかわからないですから)
②角道止めるので一発ドッカン奇襲戦法をくらいにくい。
③相手の得意形を避けつつ自分の形は選択できる
のがセールスポイント。
しかし力将棋になり、居飛車も振り飛車も攻めも受けも総合力がないと勝ちにくい。
そう、南先生くらい強くないとw
戦法の力で白星がかせげる種類ではないのでそういう方はむいてない本ですね。
なんちゃって真似して指した感はマンネリがこないですね。
これ一本で後手番も楽しいです。
いろいろ書きましたが後手番の戦法をさがしている方に特にススメます。

南の右玉南の右玉
(2011/09/21)
南 芳一

商品詳細を見る
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ