コンテントヘッダー

24記

6-3でした。
矢、穴、矢、中、対中、他、対石、穴、中でした。
今さらながら

「歩の裏側に垂れ歩は受けにくい」
次の一手のような垂れ歩でなくても攻めきる原動力になりうる。

「微余裕をもった速度の攻めが勝ちやすい」
攻めが特に苦手なんでよく切れて負けとかあったんですが
今攻めが一手速そうだからあせらず同じ速度の攻め合いをすれば最後は一手勝てるはず。
とか思いながら指してました。

対石田流に快勝できたのがうれしかった。トラウマになりそうなくらい負けてるので。
少しづつ前進だ。
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ